●街路樹診断と調査機器
 
有田樹木医院  樹木医 有田和實

 街路樹診断の目的は、活力が衰退した街路樹や、材質腐朽菌に侵され著しく材が腐朽した街路樹による倒木・幹れ・枝折れなどを未然に防ぎ道路の安全な運行の確保を図るため、専門家(樹木医)による調査を行い、樹木の健康状況を明らかにし、将来管理のための「街路樹診断カルテ」を作成すると共に、適切な処置を施す為の判定や処置計画・保護方策を判断するものです。

 街路樹診断は「外観診断」「精密診断」並びに「診断カルテ」からなります。
 

 
 「精密診断」の方法には

 @ 振動波測定(インパルスハンマー)
 A 貫入抵抗測定(レジストグラフ)
 B 内視鏡検査
 C 非破壊検査(放射線照射測定器)


等があります。
現在、一般的に用いられている測定方法は、Aの貫入抵抗測定です。
 
 「NPO法人 樹の生命を守る会」では、貫入抵抗測定機器(レジストグラフ F-300SD)を所有し、会員の要請やNPOで受注した精密診断業務で活躍しています。

 レジストグラフは、樹幹に細いキリを挿入して、材の健全度を測定する診断機器です。直径1.5mmの細いキリを樹幹に挿入し、キリにかかる抵抗値を測ります。抵抗値が実寸で記録されるため、解析しやすいことが大きな特徴です。
レジストグラフによる精密診断

 F-300SDは、従来のレジストグラフに比べ、軽量でかつ測定記録が機器本体付属部分で記憶していて測定が非常に簡便にできるようになりました。また、従来は記録用紙(@200)を測定毎に取り外し、報告書用紙に合わせて縮小コピーを繰り返し行い、その記録用紙に、腐朽部等を記入して腐朽部を示していました。新型 F-300SDは、測定記録が本体付属機器に記憶され、USBでコンピューターにつないで画像を取り出せることができます。トリミングしたり、腐朽部・空洞部・健全部と着色して画像を報告書に取り込むことができ、報告書作成が非常に簡便になりました。
※ 右から報告書(樹木診断カルテ)のサンプルを見ることができます。


 街路樹等樹木腐朽部調査にはレジストグラフが欠かせないほどになってきました。
 

報告書を見る



 「精密診断」C 非破壊検査(放射線照射測定器)を紹介します。

 下の図のように、腐朽部を放射線透過量により内部空洞を測定します。(装置は国土交通省国土総合研究所で開発中です。)
 
放射線照射測定器による非破壊検査
(コフキタケに侵されている国分寺公園ケヤキ)
左の樹木を切断した面
 

 
 精密診断の前提となる「外観診断」では、木槌による打診音診断が非常に重要で、打診音異常部は精密診断結果とほぼ一致することが多く、打診を熟練することが肝要です。市販の木槌は軽くて、力で打ち込むことになり、また、打診面が鋭角に仕上げられているので樹皮を削り易く樹幹を傷つけ易いです。出来るだけ打診面が丸く、俵状(卵状)に仕上げられ木槌(シラカシ製)の重さで打診出来るものを使用すべきです。
木槌打診による外観診断
 

 
  街路樹等樹木腐朽部調査で一番厄介なのは、ベッコウタケです。根株腐朽菌であり、子実体が出てきたときには根株が相当侵され腐朽していることが多いです。しかし、精密診断(貫入抵抗測定)では根株深く測定が出来ないため、僅かな腐朽部分しか測定できません。そのため「街路樹診断協会」では、ベッコウタケが出ている場合は、『植え替えが必要』と判定されます。また、コフキタケ(コフキサルノコシカケ)の発生の場合も同様の診断が下されます。
 
ベッコウタケ(ケヤキ) コフキタケ(ソメイヨシノ)
 


 街路樹用の樹木診断カルテのサンプルはこちらです。
 腐朽・空洞・枯れ枝・キノコの有無など、さまざまな項目についてチェックし、最後に総合判定します。


樹の生命を守る会トップページへ戻る