平成26年度
NPO法人樹の生命を守る会 秋季研修旅行
実施報告

企画・事業委員会


 2014年の秋の研修旅行は10月26日から27日の両日、岩手県の北上、花巻周辺で実施された。昨年と同じように現地集合、解散で実施された。

 26日は岩手県緑化センター、27日は和賀仙人駅付近の旧街道周辺の森林と北上展勝地公園を見学した。さまざまな意見交換をすることができ有意義な研修になった。

 案内していただいた緑の相談室の宮舘氏、北上巨木の会の大和久(おおわく)氏、展勝地レストハウスの軽石社長、みちのくビオトープ代表取締役の菅原氏、交流会に参加していただいた馬渕樹木医会岩手県支部長にお礼を申し上げます。
 

写真1
26日岩手県緑化センターの見学の様子、天候に恵まれ紅葉は美しい。


写真2
マツの材線虫病による松枯れ 岩手県緑化センター内


写真3
参加者の集合写真


写真4
和賀仙人付近旧街道、姥スギを見学する予定だったが悪天候のため街道の一部を散策する。


写真5
旧街道周囲の樹木の様子、かなり落葉している。
枝分かれしている樹はケヤキ


写真6
対岸から展勝地公園を見る。サクラは紅葉している。


写真7
ソメイヨシノの外科治療、コンクリートを空洞に処置してある。
かなり以前の処置である。

報告 写真撮影 佐々木

樹の生命を守る会トップページへ戻る