NPO法人 樹の生命を守る会
 

2013(平成25)年度 第二回技術研修会
開催報告



1. 日時 平成25年12月1日 9:30~15:00

2. 場所 県立青葉の森公園

3. 概要 
 県立青葉の森公園内ヒトツバタゴの花が減り、樹勢の衰退がみられることから、保全対策を提案するため、外観診断や土壌調査を実施した。

4. 参加者 NPO法人樹の生命を守る会 会員   10名
                  会員以外  3名  合計 13名

5. 研修会実施状況
① 外観診断 
 対象樹木 ヒトツバタゴ 9本について、樹木簡易診断票により外観診断を実施。
 節間成長量がここ近年極端に減少していることや、葉が全体的に小さいなど、やはり、樹勢は衰えていることを確認した。
  
 
② 土壌断面調査
 外観的にやや衰弱傾向の大きい樹木、小さい樹木を選抜し、その近くで土壌断面調査を実施。
 参加者も比較的多かったため、掘り上げるまで時間もあまりかからずに終了。
  

 当該植栽地は、地山ではなく、盛土造成し締め固められた植栽基盤であり、土壌硬度も高く、根系の分布も、地下30㎝程度までの表層と80㎝以上の深い層で確認できたが、中間層での根系は非常に少なかった。
 土壌硬度に関しては、あらかじめ実施してあった貫入計調査結果とも照らして考察していきたい。
 
③ 現場簡易透水試験
 断面調査地点近くで透水試験を実施。孔の深さは60㎝、予備注水は30分で実施した。最終減水能は81㎜/hrおよび240㎜/hrで、判定は可および良で排水は問題ない土壌であるが...。
  
 
 最後に各調査結果について各々の担当者から説明をおこない、周辺の植栽等の状況を確認しながら、樹勢の衰えた原因を考察した。近年の節間成長量が極端に少なくなっている原因として、造成時の転圧や踏圧による植栽基盤不良による根系発達の阻害やここ近年の猛暑の影響の可能性もあることなどの意見が交わされ、保全対策はまず、土壌改良によって生育の手助けをしておき、夏季の乾燥防止には灌水の必要性があること、根元周囲に公園利用者が立ち入らないような柵を設けるなどの踏圧対策の必要性があることなどの意見交換を実施した。
 診断結果および保全対策の提案については、後日とりまとめ、公園管理センターへ提出することとした。

 研修会の案内が開催直前になってしまったにも関わらず、多数の参加をいただき、天候にも恵まれ、無事研修会を終えることができました。
 参加いただいた皆様に感謝を申し上げます。

 平成25年度は、3月16日に鴨川市の清澄寺および東京大学千葉演習林において『清澄の大杉』の保全研修会、3月30日にはプラザ菜の花において、技術発表会を予定しております。詳しい案内は後日いたしますが、多くの会員並びに関係機関の皆様の参加をお願いします。
  
技術委員会 柏﨑・石橋

樹の生命を守る会トップページへ戻る