平成25(2013)年度
NPO法人 樹の生命を守る会


秋季研修旅行報告

 企画・事業委員会

 2013年の秋の研修旅行は11月10日から11日の日程で長野県の諏訪伊那方面に出かけた。今年度は下諏訪集合及び解散ということで実施してみた。
 参加者は例年から比較すると少ない15名で、1日目は午後から雨になるあいにくの空模様だった。
  

写真1
諏訪大社の御柱
諏訪大社は長野県支部の西之園会員に案内していただいた。
本殿は改修中でご神体だけが見えていた。



写真2
高遠城址公園
紅葉祭り最終日ということだったが雨のため客は見えない。
オオモミジの園芸ものと思われるカエデは色が鮮やかで人工のもののように見える。



 
写真3
夕食前に講習会
長野県支部の小島会員、原会員に話題提供をしていただいた。



写真4
参加者の集合写真

2日目、天候は回復し、気温は低くなる。



写真5
光前寺の敷地内の林

ドクターウッズの調査結果の話などを聞く。
伝説の霊犬早太郎の墓がある。



写真6
木下のケヤキ

樹高26m、幹周13.2m、樹齢伝承1000年
幹に空洞が見られるが樹勢は良好である。



写真7
宮脇のハリギリ

幹周6.1m、樹高30m、樹齢300年以上、
腐朽は深刻な状況、この状態で保存するのは難しいか?

報告 佐々木

樹の生命を守る会トップページへ戻る