NPO法人 樹の生命を守る会
 

2013(平成25)年度 春季研修旅行報告


 平成23年度から始まった春季研修旅行は、今回で3回目となった。第1回目は台湾で「阿里山・垃垃山の巨樹・古木(紅檜)」の研修を行い、第2回目は、ヴェトナム(ホーチミン)・カンボジア(シエムリアップ)で熱帯巨樹と遺跡(アンコールワット・アンコールトム)における巨樹古木の保全について研修を行ってきた。

 今年度は、会員8名で2013年7月9日から4泊6日でラオスの仏教遺跡と樹木について研修を行ってきた。

 ラオスの首都ヴィエンチャンでは、寺院と樹木について市内を中心に視察を行った。フランス統治時代に整備された街路樹(フタバガキの仲間)は、昨年研修したヴェトナムやカンボジアと同様、天を衝くような高木が残っている。寺院内も緑が多く、その中にホウオウジュの鮮やかなオレンジ色の花が際だって目に付いた。都心とは言え、電車や大きなビルは見当たらず、50年前の日本の地方都市の様相でとても静かな首都であった。メコン川に面して発展したヴィエンチャンは、橋一つ渡ればタイの街に行くことができる。河川敷の夜市からは川向うのタイの夜景が目の前に見えた。

 首都ビエンチャンは緑に覆われた静かな街であるが、目立った大きな公園が見つからなかった。しかし、現地ガイドが必死で情報を収集して唯一残された「精霊の森」(写真1)を見つけてきてくれた。霊が宿る森には、100年を超える大木が鬱蒼と茂っていた。その森にすむ先住民の如く生活している一家族と接することができた。高床式住宅に住み、森を守っているかのような生活をしていた。   

写真1 高木に囲まれた「精霊の森」
 
 首都ビエンチャンの2日間は、仏教寺院における樹木の活用や、市民生活と植物について研修を行った。

 3日目からは、ラオス第二の都市 Luang Plagang(ビエンチャン北部・飛行機で40分)かっての王朝(~1975年)があった静かな街で研修を行った。街はプーシー(仙人(ルーシー)山(プー))の周りを、かっての王宮を中心に多くの寺院や(写真2)、フランス時代の住居を活用したレストランやお土産店、また、多くのゲストハウスで構成されている。

写真2 街の中心国立博物館(かっての王宮)入口で
 
 早朝4時、寺院の梵鐘で起床、5時からの托鉢(周りの寺院から数百人の僧侶が托鉢にくる)に参加し(写真3)1日が始まる。豊かなメコンと狭隘な土地に数百年続いた古都が現在も続いているルアンパバーンから山間部に入ると、多くの民族が暮らし、独自の文化を受け継いでいる。特に、食物や衣服・生活用品等を山間部からの自然植物を活用していた。  

写真3 早朝5時からの托鉢に参加(タマリンド゙巨樹の下で)
 

写真4 インドボダイジュ(気根で覆われている)メコン川渡船場降口の道路脇で
 

写真5 山間部モン族の小学生
(報告:有田)
 

樹の生命を守る会トップページへ戻る