第7回 巨樹・古木フォーラム in かとり
−国天・府馬の大クスを事例に−
実施報告


テーマ 地域における巨樹・古木の保全について

日 時
 平成25年2月24日(日) 10時~16時

会 場 府馬の大クス・香取市山田公民館視聴覚室

主 催 NPO法人 樹の生命を守る会

共 催 千葉県緑化推進委員会・一般社団法人 日本樹木医会千葉県支部

後 援 千葉県・香取市
内 容

1 午前の部:府馬の大クス現地説明会(10:00〜12:00)

説 明:高野光利(樹木医)
内 容:治療前の状況と治療内容、現在の状況について
参加者:15名

 
 
2 午後の部:講演・ディスカッション・パネル展示

会 場:香取市山田公民館視聴覚室 13:00〜16:11
参加者:40名

◆あいさつ
(1)香取市長あいさつ:市長代理 八木尊弘 氏
 樹は我々と生命がつながり、地域とのつながり、次世代とのキヅナをむすびつけている。市は引き続き、応援していく。

(2)NPO法人 樹の生命を守る会 理事長あいさつ:有田和實
 千葉県内の巨樹古木の調査をし地図入りの資料をまとめ、公表した。地元の
方々と手を携えて樹を守っていきたい。

◆講演およびディスカッション
司会:久本洋子(東大千葉演習林)
(1)基調講演:松原 功「地域における巨樹・古木の保全について」
(2)講演1  :繪鳩(えばと)昌之氏(香取市文化財保護審議会委員)
         「文化財としての府馬の大クスについて」
(3)講演2  :高野光利「国天・府馬の大クス保全事例」
(4)講演3  :鈴木一夫氏(元府馬の大クス保存対策委員)
         「府馬の大クスと地域住民のふれあい」
(5)講演4  :有田和實「小見川城山公園サクラ復活について」
(6)ディスカッション
  コーディネーター 富塚武邦
  パネラー      講演者5名


◆展 示
(1)府馬の大クス
 � 地元資料
 � 治療パネル
(2)千葉県内の巨樹古木:説明と写真
(3)千葉県内の樹木治療事例
(4)診断器具:樹木幹貫入診断機械(レジストグラフ)など

<実行委員会>
委員長   山﨑雅則
副委員長  有田和實
〃      伊藤道男(千葉県緑化推進委員会常務理事)
〃      石橋 亨
〃      大木一男
監 事    大木幹夫
  〃    富塚武邦
会計担当  大場みちる
広報担当  諏訪原幸広
委 員    高野光利
〃      松原 功
 

樹の生命を守る会トップページへ戻る