子ども樹木博士in久留里 実施報告



日 時

樹木説明
 

準備体操
 

試験会場
 

 平成24年8月5日(日) 9:00〜12:00

場 所
 君津市森林体験交流センター

主 催
 NPO法人 樹の生命を守る会
 千葉県森林インストラクター会
 日本樹木医会千葉県支部

後 援
 千葉森林管理事務所
 君津市教育委員会
 ちば里山クラフト研究会

参加者
 計30名 子ども16名(小学生14名、中学生2名)・同伴者14名

スタッフ
 計17名(千葉森林管理事務所3名・樹木医・森林インストラクター)

実施報告
 
 今年は梅雨明け後、猛暑が続いていて熱中症を心配しましたが、事故もなく午前中で無事終了しました。1グループを4〜6名に分け、説明者1名・タイムキーパー1名と同伴者を入れて10名程度のグループで説明しました。
 
 出題樹木は20種、行程2km・高低差50m程度の里山を70分程度で説明し、説明した樹木の葉を教室に並べて回答するゲームです。回答数により10級〜2段の認定書を一人一人に、草笛音楽隊の演奏をバックに皆の前で渡しました。
(報告:小池)
  
 8月5日(日)、今年も君津市森林体験交流センターを舞台に子ども樹木博士in久留里を開催しました。
 
 当日は蒸し暑く、にわか雨が降る生憎の天気にもかかわらず、子どもたちは元気に久留里の山を駆け巡り、引率のスタッフから植物を学びました。今年は小学校低学年の子どもの参加が多く、付き添いの親御さんもスタッフの説明を子どもと一緒に熱心に聞いていた姿が印象的でした。試験会場では一生懸命に解答を作成していました。低学年中心でありましたが、全般に正解数が多い傾向にあり、中にはあと少しで全問正解という参加者もいました。
 
 試験後は、ペンダント作りや草笛に挑戦し、植物とのふれあいをたっぷりと楽しんでいるようで、教えるスタッフ側も時間を忘れるほどでした。こちらでも親子が一緒になって楽しんでいる風景がみられました。親子で学べる楽しめるイベントとして発展してゆくと、より一層子ども樹木博士が広まるのではないかと感じた次第です。
 
 植物や自然と親しむきっかけを提供することを達成できたことにスタッフ一同、やりがいを感じた1日でありました。
(報告:諏訪原)
 

試験会場
 

認定証を持って
 

クラフト会場

樹の生命を守る会トップページへ戻る