NPO法人 樹の生命を守る会
 

2012(平成24)年度 海外研修旅行報告



タ・プローム遺跡に絡まる巨大な樹木(SPUNG)の根の前で集合写真

 
 NPO法人 樹の生命を守る会では平成24年6月16日から20日までの5日間、ベトナム〜カンボジアにかけて研修旅行を実施しました。今回の研修も海外の事情や樹木に詳しい有田理事長を団長に11名が参加しました。

 幸か不幸か台風のおかげで、帰路は思いがけなくハノイ一泊が追加されましたがとても有意義な旅となりました。

 研修旅行の目的は、実際に現地に赴き、自分の目で見て体験し考え見聞を広める事にあると思います。

 ベトナムでは、動植物園や街路樹・公園にある樹木を観察して歩きました。日本との一番の違いはやはり、気候によるものが大きいと感じました。日本には四季が有り春・夏・秋・冬それぞれの季節に合わせて芽吹き成長し開花・結実というサイクルを行うのに対して、熱帯であるベトナムでは雨季と乾季の差はあるにせよ、この国の植物は開花・結実・成長の全てをある種同時的に行っていました。その為にその木がどの様な花を咲かせ・どの様な実をつけ・発芽するのか、その一連の動きを短時間で観察する事が出来ました。ここが日本と熱帯である ベトナムそして翌日訪れるカンボジアに共通する一番の違いでした。
 

花を咲かせながら同時に大きな実も付けているホウオウボク


植物園内の観察の様子
 

幹生果=幹に直接実をつけるジャックフルーツ

 
 カンボジアでは、アンコールワット等の遺跡も見て回りました。こちらでは 植物の事も然る事ながら、遺跡に刻まれた彫刻の意味についても学んできました。

 ヒンズー教と仏教の対立の歴史・人間としての生き方・道徳についても描かれており深く考えさせられる旅でした。

 又、遺跡を覆う、巨大根系による遺跡破壊や、腐朽菌による巨木の倒伏が、我々樹木医にいろいろと疑問を投げかけ考えさせられることも多くありました。遺跡保全の方策が、各国の援助で進められている中、我々は樹木医として世の中の為に出来る事を模索して行く必要があるのではないでしょうか?
 
 最後に、今回の旅の企画から始まり多岐にわたり御尽力頂いた有田理事長、そして共に旅をした皆様お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。
(報告:石橋)

樹の生命を守る会トップページへ戻る