第6回 巨樹・古木フォーラム in あびこ
―都市景観と緑の保存を考える―
実施報告


 
日 時
 平成24年1月21日(土)10時〜16時
会 場 千葉県手賀沼親水広場
 

パネルディスカッション 

 
 NPO法人 樹の生命を守る会(理事長 有田和實)は、先人より受け継がれてきた巨樹や古木を通じて、市民の皆様と一緒に緑や樹木の保全について考える「巨樹・古木フォーラム」を定期的に開催しております。フォーラムは今回で6回目となり、1月21日(土)に我孫子市の千葉県手賀沼親水広場にて開催いたしました。

 今回の巨樹・古木フォーラムは、東京農業大学 地球環境科学部 造園科学科の荒井歩准教授の基調講演「景観とまちづくり」と、我孫子市を中心にみどりの保全活動に取組む4例の事例報告、パネルディスカッションがおこなわれました。荒井先生の講演や事例発表は、いずれも我孫子市と深くかかわりのある内容や活動報告で、来場者は熱心に聞き入っている様子でした。

 また、フォーラムと同時開催で、樹木医による造園業など専門職向け、市民向けの樹木診断実演・講習、樹木医による樹木相談、ちば巨樹古木写真展示、樹木関係図書展示をおこないました。

 当日は雨天で非常に寒く外出を控えたくなる天気でしたが、フォーラムでは150名収容の会場が満席となりました、同時開催の講習も定員以上の方が集まり、我孫子市民の緑への関心の高さが伺えました。

 今後も巨樹古木フォーラムなど樹木と人を結ぶ企画を通じて、みどりの啓蒙、樹木医活動の普及に努めていく所存です。
 

会場の千葉県手賀沼親水広場


樹木診断実演(レジストグラフ)


外観診断の説明


樹木医による樹木相談会


パネル展示(千葉の巨樹古木写真展・樹木医のお仕事)


(参考) 第6回 巨樹古木フォーラムin我孫子について
主催 巨樹・古木フォーラムinあびこ実行委員会
NPO法人 樹の生命を守る会
(実行委員長 高野光利)
 
協賛 (社)千葉県緑化推進委員会
(社)日本樹木医会千葉県支部
東葛造園土木業協会
我孫子市緑化推進協力会
我孫子の景観を育てる会
  
後援 千葉県 ・ 我孫子市
 
開催日 平成24年1月21日(土)
 
場所 千葉県立手賀沼親水広場(我孫子市)
 
内容 基調講演
 「景観とまちづくり」
   東京農業大学 地球環境科学部
   造園科学科 准教授 荒井 歩 氏

事例発表
 「千葉県下の巨樹・古木の現状と保存」
   NPO法人樹の生命を守る会 有田和實氏
 「都市における野鳥の生態と共存のあり方」
   褐風ガーデン 高野光利氏
 「東葛地区のみどりの現状と課題」
   東葛造園土木業協会 飯塚靖久氏
 「我孫子市の景観を育て守る」
   我孫子の景観を育てる会 吉沢淳一氏

パネルディスカッション
        
同時開催 ・ちばの巨樹古木写真展
・樹木医による樹木相談会
・樹木診断実演
・樹木関係図書展示
  

樹の生命を守る会トップページへ戻る