NPO法人 樹の生命を守る会
 

2011(平成23)年度 秋季研修旅行報告

企画・事業委員会 

 恒例となりました秋の研修旅行は2011年12月4、5日の両日、神奈川県の箱根方面に行ってきました。

 12月4日は例年通り午前8時に千葉駅付近に集合して出発しました。前日は風雨が強く天候が心配されましたが 、この時期にしては暖かく風もなく穏やかで、車窓からは富士山がきれいに見えました。

 高速道路も混雑なく順調に神奈川県内に入り、10時過ぎに大雄山駅で神奈川県支部の鈴木、内藤両樹木医と待ち合わせて、大雄山最乗寺に向かいました。

写真-1 大雄山最乗寺仁王門



写真-2 参道の杉並木


写真-3 日本一高蓄積のスギ人工林
 
 最初の門(写真-1)でバスを降り、鈴木樹木医の案内で杉林(写真-2)を見学しながら寺まで歩きました。杉林のスギは梢端枯れしたものがかなりありましたが、これは昭和40年代ぐらいの大気汚染が激しかった時に硫黄酸化物の被害を受けたものだという説明がありました。しばらく遊歩道を歩くと今回の研修の主な目的の一つ、日本一材積蓄積量が高い大雄山最乗寺のスギ人工林(写真-3)を見学しました。この林は1986年の調査で1ヘクタール当たり2624立方メートルの蓄積量

写真-4 ヒメシャラ
  
があることがわかりました。この中の26ヘクタールは神奈川県指定第1号の天然記念物に指定されていて、かながわ美林50選にも選ばれています。

 それから最乗寺の境内まで歩き、精進料理の昼食後、箱根までバスで移動しました。当初の予定にはありませんでしたが、箱根神社の後ろにあるヒメシャラ(写真-4)の純林を見学しました。このように大きなヒメシャラがまとまって生育しているのは珍しいです。小径木や稚樹があまり確認できなかったので、将来的には林全体が衰退する可能性があることが気がかりです。

 その後、その日の宿に入り一日目の日程を終了しました。

 2日目も天候に恵まれ、箱根の杉並木(写真-5)を見学しました。2009年に調査が行われています。空中写真、年輪調査などの結果、根系に障害があることがわかり、土壌土壌改良、排水工事を実施しました。現在効果を確認するため追跡調査を行っているという説明がありました。見た目は悪くはないという印象を受けました。日光の杉並木と同じぐらいのコブが確認されました。その後、富士山の風景が美しいポイントに移動し記念撮影をしました(写真-6)

写真-5 箱根の杉並木


写真-6 富士山を背景に参加者の集合写真

写真-7 真鶴半島のクロマツ林
  

 湯河原の温泉街を通り抜け、真鶴半島の常緑林とクロマツ林(写真-7)を見学しました。このクロマツは小田原藩が植栽し、明治以降も御料林として保護されていたもので、大きなものは樹高40メートル、樹齢300年を超えているという記録があります。1960年代から松くい虫被害のため枯死するものが多くなり、スプリンクラーによる薬剤散布などの被害対策が実施され効果をあげていましたが、最近は環境への配慮から樹幹注入剤に切り替えられています。

 それから自生北限地とされるクスノキ林を見学し、昼食をとり小田原を経由して夕方には千葉駅に無事到着しました。

 天候に2日間とも恵まれ有意義な研修旅行になったと思います。
(報告:佐々木)

樹の生命を守る会トップページへ戻る