NPO法人 樹の生命を守る会
 

平成23年度 第1回技術研修会

技術委員会
 
日  時  平成23年6月25日 9:00〜12:00A.M

場  所  横芝光町立大総小学校

参加人数 5名

研修概要
 
 空気管による樹勢回復作業を三ヵ年に渡り実施した大総小学校のクスノキの空気管の効果確認および簡易診断を行い、今年度再度予定している樹勢回復作業の対策方針を考察しました。
 


大総小学校 大クス

1.空気管の効果検証

 空気管は平成18年〜平成20年までの三ヵ年に渡り設置されましたが、各年度1箇所ずつ掘り出し、発根状況や土壌硬度、空気管の孟宗竹の状況を確認しました。

 土壌硬度は山中式土壌硬度計で測定しました。27mm以上の硬度の層が多く、非常に締め固められた硬い土壌で、根系も深さ約20センチ程度の層に少し認められましたが、他の層には深さ50cmの層までには認められませんでした。
 
@平成18年度設置箇所(設置後5年
 
孟宗竹は殆ど腐っており、一部残骸が残っている程度です。根は空気管の下部から入り、地表面に向かって伸びています。
 
A平成19年度設置箇所(設置後4年)

@と同様に空気管下部から上部に向かって根が伸長し、周囲から空気管に向かう根はみられません。
B平成20年度設置箇所(設置後3年)

@A同様に空気管下部から上部に向かって根が伸長しています。空気管の孟宗竹はほぼ原型を留めています。
C平成20年度設置箇所

空気管を壊し、根を観察。空気管に侵入した根は数本。

2.簡易診断
 樹の生命を守る会の簡易診断表を用い、外観診断をおこないました。上写真の樹冠左側が透けているが、こちらは枯枝も多く発生し、葉色も薄く、葉の量も少ないです。全体的に葉の大きさも小さめで樹勢の衰退傾向が感じられます。

 空気管の追跡結果および外観診断結果から、今後の保全対策方針について現在取りまとめ中です。

 今回の技術研修会の概略は以上です。参加者は少なかったものの、有意義な研修会となりました。
報告:柏ア

樹の生命を守る会トップページへ戻る