平成22年度 NPO法人 樹の生命を守る会
第2回技術研修会

企画・事業委員会、技術委員会

 
 平成23年2月1日(火)に第2回技術研修会を行いました。

 千葉市内最大最古の大イチョウの樹勢診断を、千葉市を通じて、樹木を管理している千葉寺から調査依頼を受けました。

 なお昨年11月には、樹勢・枝葉状況(葉の大きさ等)の調査を行っています。

 今回の調査は、落葉後の主幹・大枝状況調査や、根元周辺の根系・土壌状況調査を行いました。平日にもかかわらず、6名の会員が参加しました。千葉寺の大イチョウは、50数年前に被雷し主幹を欠損していました。また、強風等により昨年も大枝が折損していました。根元は径7mの外柵で保護され根茎が地表に露出していました。根元から10m四方で土壌硬度調査を行ったところ、数百年の時代を経て踏み固められて、とても根系の生育には適していませんでした。同位置での根系調査(1.0×1.0×0.6m)では、40〜50pに細根が若干認められました。

 樹勢は旺盛であるが大枝等に枯枝が目立ち、土壌固結が激しいというこれらの調査結果を踏まえ、落枝防止・支障枝等の剪定や、固結した土壌改良等を提案することとなりました。
大イチョウ- 全景 - 主幹欠損
調査状況を説明
- 北田樹木医 -
根系・土壌調査

表土20pまでは、砂利舗装で非常に硬くスコップが入らないくらい固い。40p地下に細根が認められた。太い根はケヤキの根。
土壌硬度調査状況
(報告:有田)

樹の生命を守る会トップページへ戻る