巨樹・古木フォーラム in きみつ プレイベント
 
校庭の樹名板作り 実施報告



大きな樹の名札付け

 
日 時

 平成22年 7月 8日(木) 10時〜12時

場 所
 君津市立小櫃小学校

参加者
 3年生 42名 4年生 38名 先生 3名

説明者
 藤平量郎・有田和實・小池英憲・
 吉田明子(森林インストラクター会)・君津市教育委員会2人

主 催
 巨樹・古木フォーラム in きみつ実行委員会(会長 藤平量郎)
 
実施報告
 前もって樹名板の製作を授業の中で行い、出来上がったものを樹木に付ける手伝いを行いました。
 樹名板は実行委員会の会員が提供し、製作に関しては君津市教育委員会の先生が指導しました。表に樹木名、裏に将来の夢が書いてあり、子ども達の思いがこもった素晴らしい出来栄えでした。
 当日は40分前に集まり先生が作成された校内地図を元に現場を確認して、4班に分けて出発しました。子ども達は自分の作った樹名板を持って、名前を呼ばれると自分で付けました。大きな樹木は皆で協力してつける姿がほほえましかったです。
 本校は校舎の周りに自然林があり日頃から自然に親しんでいて、緑の少年団に参加していて、緑に対する関心の高い学校です。
 12時には無事終了し、昔懐かしい給食を頂き解散しました。
(報告:小池英憲)

子ども達が作った樹名板

樹の生命を守る会トップページへ戻る