NPO法人 樹の生命を守る会
 

平成21年度 第3回技術研修会の報告

 
企画・事業委員会、技術委員会

 
 平成22年2月13日(土)に第3回技術研修会を行いました。
 
 一昨年来、千葉県内においてマツ枯れ症状が散見されてきました。昨年は「富津公園」でクロマツ病害虫防除作業の委託を受け、多くの会員に協力を得て大きな成果を得ました。
 
 今年度の第3回目の研修会は、「マツ病虫害防除実習」を、小雪舞う習志野市で開催し16名が参加しました。NPO会員の努力で、習志野市のマツの樹勢を点検調査し、防除計画を提案したところでありました。本提案に、習志野市から「実花緑地マツ病害虫防除委託」の依頼を受け、防除作業を実施することとなり、習志野市のご好意により、NPO会員を中心にした研修会と位置付けました。  


研修内容の説明−有田和實樹木医


薬剤打ち込み状況の説明−山ア樹木医


穿孔作業−大木・石橋樹木医


薬剤注入実習−東京から参加した中村樹木医

 昨夏調査時点から、4カ月で30本/276本ほどが枯死症状を示し、研修実習時点までに伐採されていました。今回の防除委託作業結果を踏まえ、今秋に防除結果を検証を予定しています。

樹の生命を守る会トップページへ戻る