NPO法人 樹の生命を守る会
 

平成21年度 秋季研修旅行
 
2009年12月6日(日)〜7日(月)

 
企画・事業委員会、技術委員会

 恒例となった本年の研修旅行は、群馬・栃木県を研修して回りました。
 
 天気予報では、荒天の予報でしたが、前日(12月5日)が大雨で伊香保では雪になったそうです。おかげ?で当日(12月6日)は小春日和の好天でした。
 
 翌日は「赤城颪(あかぎおろし)」(例年は正月頃から吹き下ろすそうです)の快晴の中を研修しました。
  
連取(つなとり)の笠マツ(雄松、群馬県指定天然記念物)の前で集合写真
  
  12月6日(日)、千葉駅を8時15分にバスで出発し一路上州へ。群馬県樹木医会の田川隆太郎樹木医の案内で、錦秋の終わった初冬の上州路を散策しました。
 
 北関東道・駒形ICで田川樹木医と待ち合わせ、まず最初に「連取(つなとり)の笠マツ」で雄・雌の巨大な古木に圧倒されました。
 
ぐんまフラワーパークの温室にて
横室(よこむろ)の大カヤ(国指定天然記念物)の前で集合写真
赤城神社のたわらスギ(群馬県指定天然記念物)

 昼食は「ぐんまフラワーパーク」(石橋樹木医が指定管理制度でパーク全体の管理運営をしている)で済ましてから、石橋樹木医の案内で14.8haの園内を研修いたしました。
 
 宿への途中、「赤城神社のたわらスギ」の巨木を観察し、社殿奥から湧き出す清水でのどを潤してから、樹齢1,000年を超える「横室(よこむろ)の大カヤ」(樹勢旺盛)を見学し、古の文人たちが逗留した名湯伊香保温泉「千明仁泉亭(ちぎらじんせんてい)」で地元群馬県樹木医との意見交換を、肩まで沈む温泉や地元特産の美味しい料理を食しながら夜遅くまで行いました。
 
早朝の伊香保温泉石段
高島小学校のトウグミ(群馬県指定天然記念物)
群馬県緑化センターに隣接した「おうら創造の森」のミツデカエデ
*花が咲いているように見えるのは種子でした。
館林市「県立つつじが岡公園」でツツジ古木の説明を聞く
茂林寺でコフキダケが着生したシダレザクラの治療について意見交換
あしかがフラワーパークで塚本樹木医による大フジ(栃木県指定天然記念物)の研修

  身を切るような寒さの中、伊香保温泉をあとに2日目の研修に出かけました。

 北関東自動車道・太田桐生ICで日本樹木医会群馬県支部長の熊倉弘樹木医と合流し、熊倉樹木医がかつて治療した邑楽町の「高島小学校のトウグミ」を研修しました。その近くの群馬県緑化センターに移動し、センターの概要について説明を受けた後、「県立森林公園おうら創造の森」を散策しました。

 館林市に移動し「つつじが岡公園」のツツジ巨古樹を学習しまし、「分福(ぶんぶく)茶釜」の茂林寺では、シダレザクラの治療法やサワラ、ラカンマキの古木を研修しました。

 群馬県を後にして栃木県足利市に移動し、「あしかがフラワーパーク」で昼食をとり、女性樹木医第一号の塚本こなみ氏が移植・治療した「大フジ」を研修して、2日間の研修を有意義に、楽しく、美味しく修める事が出来ました。
 
 研修にご協力いただいた皆様には厚くお礼申し上げます。

樹の生命を守る会トップページへ戻る