NPO法人 樹の生命を守る会
 

平成21年度 第2回技術研修会の報告

 
企画・事業委員会、技術委員会

 
 この度、成田市のご厚意により「JR成田駅前シイ」の樹勢診断依頼を受け、NPO法人 樹の生命を守る会会員を対象に今年度第二回目の研修会を行いました。

 第一回目の研修会『樹木診断の実際(外観調査)』の樹木診断カルテの診断記入方法と、診断樹木スケッチの実際の応用編を調査診断しながら研修を行いました。

 成田市発注の委託事業として行ったため、平日の作業となりました。市職員も立ち会って、今後の保全計画について樹勢等診断しながら検討しました。  

 
1.日 時

   平成21年10月9日(金) 09:00〜15:00

2.研修場所
   JR成田駅前スダジイ古木

3.講師
   樹木医 : 高野 光利・大木一男 

4.研修内容
   樹勢診断、土壌診断、根系調査、樹木位置図作成、
   保全計画の検討、移植の可能性の検討
 
当該スダジイは、成田山新勝寺の入口として江戸時代に植栽されたと伝承されている。JR成田駅新築(S.54.4橋上化)時、駅前広場整備に伴い、根系への影響を受け年々樹勢衰退し、主幹が枯死状態になっている。

当該樹木は、成田駅前再開発計画(4〜5年後施工予定)地内にあり、計画地内への移植が想定されることから、当該樹木の保全計画と移植の可能性について調査診断を行った。


スダジイ全景−主幹が腐朽空洞化し枯死している


保全管理・移植可能性について、市職員を交えた現地検討状況
  

樹の生命を守る会トップページへ戻る