NPO法人 樹の生命を守る会
 

平成21年度 第1回技術研修会の報告

 
企画・事業委員会、技術委員会

 
  今年度の1回目の研修会は、『樹木診断の実際(外観調査)』を、下記要領で開催いたしました。

 昨年度末に行った習志野市内での冬期研修会『クロマツ樹勢診断』の近くの『ヤマザクラ樹勢診断』です。 樹木診断カルテの記入および診断樹木スケッチを実物を対象に行い、樹木診断の方法を学びました。

 8月らしい猛暑にも拘わらず、大勢の会員が熱心に受講しました。    

 
1.日 時

   平成21年8月23日(日) 09:00〜12:00

2.研修場所
   講義:東習志野コミュニティーセンター
   実習:東習志野こども園

3.参加者
   NPO会員:14名、千葉県樹木医会:2名、造園会社:1名

4.講 師
   講義:高野 光利 樹木医 (保存樹木のスケッチ方法)
   講義:有田 和實 樹木医 (樹木診断カルテ作成方法)
   実習:有田 和實 樹木医 (保存樹樹木診断)  

高野樹木医による「保存樹木のスケッチ方法」の講義


有田樹木医による「樹木診断カルテ作成方法」の講義
  
 室内での講義ののち、東習志野こども園に移動し、園庭に生えているヤマザクラ(習志野市名木百選)の診断をしました。有田樹木医から具体的な外観診断の方法の説明を受けながら、各々樹木診断カルテに記入し、方眼用紙にスケッチしました。
  

診断したヤマザクラの全景
 

熱心にスケッチをしました
 

別のサクラが罹っていたサクラてんぐ巣病の説明も
 
 最後にコミュニティーセンターに戻り、完成した樹木診断カルテとスケッチの講評がありました。

 今年度も昨年同様に3回の研修を予定しており、暮れ(12月6〜7日)に、群馬・栃木県方面の研修旅行を予定しています。技術研修会は夏(今回)と冬の2回を予定しています。

 今後も実践を重ねながら樹木診断技術を高めていくことを確認しました。
  

樹の生命を守る会トップページへ戻る