冬季研修会

平成21年2月11日(祝)

  

 
 2月11日(祝)に、平成20年度最後の研修会を開催しました。
 街路樹診断と診断後の処置並びに処置樹木の検証を行いました。

 真冬の早朝8時から、会員14名が参集して、習志野市から受注した街路樹の外観診断・精密診断を検証し、健全度C判定のクロマツ1本の伐採工事を行い、伐採後、腐朽部分を再度抵抗測定器(レジストグラフ)を用いて測定し、測定部分を切断して検証を行いました。
 

伐採前の樹木の外観診断・精密診断の説明

伐採後、腐朽想定部の内部調査を行った

   レジストグラフで調査した部分を切断して  → →
 

→ →  内部を検証   
 
 もう一本のクロマツは、道路上にあり、車両による接触損傷により樹皮欠損し、根元が腐朽していました。腐朽部を切除し古いカルス部分を切除して新たな樹皮再生を図る処置を行いました。
  

    固結した古いカルスを切除  → →
 

→ →  殺菌癒合剤塗布    
 
 隣接した公園に、参加者一人一人が、抵抗マツ(クロマツ)を植樹し、今後の成長を見守ることにしました。

   
(報告:有田和實)

樹の生命を守る会トップページへ戻る