最新の樹木医学に基づく

街路樹や公園・緑地の樹木診断セミナー

〜理論から実例まで 樹木管理実務者向け研修会〜
  


■日 時

  平成18年8月30日(水) 午後1:15〜午後4:30

■会 場
  ホテルプラザ菜の花 会議室

 150名以上の非常の多くの方にご参加いただき、「街路樹や公園・緑地の樹木診断セミナー」が開催されました。

 
 
受付の様子 パネル展示


 はじめにNPO法人 樹木生態研究会 代表理事 堀 大才氏より、「最新の樹木医学に基づく樹木診断のあり方」〜生体力学と樹木の安全診断〜の講義がありました。
 
 樹木の形には必ず生理的・力学的な意味があり、それを読み取ることによる樹木の外観診断(VTA:Visual Tree Assessment)を行ない、必要であればよりレジストグラフなどを用いた精密な検査を行なうこと、それに応じて個々の樹木を適切に管理することの必要性を、理論から分かりやすく説明がなされました。

 休憩をはさんで、東京都建設局公園緑地部計画課道路緑化計画係長の奥成善郎氏による「東京都における街路樹事業の状況」の講演がありました。
 
 「街路樹よくなるシート」による街路樹の診断など、東京都の街路樹事業の先進的な取り組みの紹介があり、参加した多くの方にとって大変参考になったことと思います。

 最後にNPO法人 樹の生命を守る会の有田和實理事より、「千葉県における樹木診断の事例」との表題で、樹木診断の実践現場からの講演がありました。
 
 経験に基づいた道具類やキノコなどの写真を交え、外観診断と精密診断の手法とその解析の話があり、樹木診断の様子を具体的に理解できました。

 樹木管理実務者にとって大変有意義なセミナーになりました。


セミナー開催要領のページへ

樹の生命を守る会トップページへ戻る