世界の樹木シリーズ

オーストラリア・タスマニアの動植物

 


2008年1月にオーストラリア・タスマニア島へ高野会員や植物好き仲間(林康夫先生)と、世界の植物探検第3回目を行いました。彼の地での見聞の一端を報告します。

 シドニーの王立植物園
オーストラリアへ出かけたら是非シドニーの王立植物園を尋ねてみてください(オペラハウスの隣)。

植物園の外壁(自然の岩盤)に、マツバランやアコウが岩の裂け目に生えています。千葉県でも、マツバランの自生やアコウの植栽が見られますよ。
アロウカリアの雄花

日本ではあまり見かけません。
カウリの雌花

ニュージーランドの巨木・カウリの雌花です。


 タスマニア・クレイドル自然公園
CradleMountainとDoveLake

WoollyTea-Treeの花が満開
(石井樹木医と)
湖岸岩場に落葉ミナミブナが生えています。
タスマニアの高地でよく見かけるMountainRoket

(Bellentena moutana)
タスマニアの高地でよく見かけるWoolly Tea-Tree

日本でも最近流行っている、ボロニアの花も河岸を飾っています。
モクマオウの一種の雄花。東南アジアのモクマオウの矮性で2mぐらいにしかなりません。
Red Bottlebrush
今回のタスマニア探訪の目的の一つは、ミナミブナに発生する菌(キッタリア菌)に出会うことでした。

今回のタスマニア探訪の目的の一つは、ミナミブナに発生する菌(キッタリア菌)に出会うことでした。

大きさは、ウズラの卵ぐらいで、ゴルフボールのディンプル状に穴の開いたキノコと、薄暗い林内で出会えたことは、今回の旅の達成感を味わえました。
夕方になると、ホテルロッジの近くの森に、ワラビーが食事に現れます。
クレイドル高原散策路近くでハリネズミに出会いました。
タスマニアンデビル(保護地区で)

絶滅寸前のデビルの食事風景。ワラビーの肉を奪い合って食べています
有田和實

樹の生命を守る会トップページへ戻る