キノコに親しむ

     
森林インストラクター 寺嶋 嘉春

1 はじめに

 キノコの話を依頼されて、樹木医の皆様には釈迦に説法になることと、最近は全くキノコについて勉強していないので、筆者としては不適格であると申し上げたのですが、今から、20年近く前からおよそ12年間にわたり、「千葉県キノコの会」の世話人をしていたこともあり、久しぶりでキノコの話を書くことになりました。

 とんでもない間違いがあればご指摘願います。


2 キノコの種類

●2種類のキノコ

キノコ探索会でいちばん多い質問は、「このキノコは食べられますか?」というものです。一般の人々にとって、野生キノコは2種類といえるかもしれません。即ち、「食べられるキノコ」と「毒キノコ」です。

現実はそれほど単純ではなく、@おいしいキノコ、A食べられるキノコ、B食べるに値しないキノコ(小さい、辛い、不味いなど)、C食べられないキノコ(固い、臭いなど)、D毒キノコの5種類ぐらいに分けられます。キノコの種類は約5000種といわれていますが、そのうち、ごくごく大雑把に云って、@は2%ぐらい、Aは3%ぐらい、B、Cは合わせて約25%、Dは約10%、その他60%は不明です。

●3種類のキノコ

 キノコを生態から分類する場合、@腐生菌、A木材腐朽菌、B菌根菌の3つに分けることがあります。@とAは死んだ生物の細胞を分解するという意味では同じですが、Bは植物の細根と結びついて生活する共生菌または寄生菌です。

しかし、@、A、Bが明確に区分されるとは限りません。

 ナラタケはマツやヒノキのナラタケ病の原因となりますが、コナラやミズナラに生える美味しい食菌で、枯れ木だけでなく、腐植の多い地上にも生えます。また、ツチアケビやオニノヤガラなどの生きたラン科の植物の内部に取り入り最後は逆にこれらの植物のエサになってしまうという興味深い話もあります。

 菌根菌であり、「香りマツタケ、味シメジ」として有名な、シメジ=ホンシメジは近年栽培に成功しましたが、腐朽菌としての性質を利用したものです。ちなみに、マツタケはまだ人工栽培が成功したとの明確な情報はありません。

 ナメコ栽培のホダ木は、サクラを用いますが、伐ってすぐのものの方が活着しやすいようです。シイタケは、秋に伐って2ヶ月以上経ったナラやクヌギを用いるのが一般です。すなわち、同じ木材腐朽菌でも、活性がある木材を分解するものと活性が衰えた木材を分解するものとがあるようです。

●5種類のキノコ

 一般に、分類学上キノコは5つに分けます。

@ハラタケ類(キノコ型のもの)、Aヒダナシタケ類(ホウキタケの仲間やサルノコシカケの仲間など)、B腹菌類(ホコリタケの仲間など)、Cキクラゲ類、D子嚢菌類(チャワンタケの仲間など)。このうち、樹木医の皆様に最もなじみが深いものは、ヒダナシタケ類のサルノコシカケの仲間であるかと思います。

 木材腐朽菌には、セルロースやヘミセルロースを分解し材が褐色になる褐色腐朽菌、リグニンを含み主要な成分を分解する白色腐朽菌に分けられることはよくご存知のとおりです。

白色腐朽菌が圧倒的に多いですが、生木にも発生するカイメンタケやマスタケは褐色腐朽菌です。


3 千葉の森林・樹木とキノコ

 
カンゾウタケと本物の牛肉
  

「木を見て、森を見ず」ということがありますが、「キノコを見て、木を見ず、森を見ず」とは、キノコの話しをする時の私の言葉です。

キノコについて知りたければ、まず、森林や樹木を良く見ることです。

美味しいキノコを採りたければ、それが生えている森林に行く必要があります。もう、20年ほど前、はじめてカンゾウタケという珍味のキノコを是非、見たい、食べたいと思い、しかるべき時にしかるべき場所に行ってみたら、案の定、一発で発見できたことがあります。別名「貧乏人のビフテキ」ともいわれ、霜降りの牛肉のようで、塩コショウしてバター炒めするとレアのビフテキそっくりです。興味のある方、6月下旬、スダジイの巨木のウロを探してください。


冬の海岸マツ林に
生えるフユヤマタケ

   

房総半島は500kmにおよぶ海岸線があり、砂浜には、クロマツが植栽されています。マツ林にはたくさんのキノコが生えますが、12月末頃に、正月の雑煮に入れるためフユヤマタケを採りに海岸林へ毎年行ったことがあります。

房総半島の北部は、北総台地、中部は上総丘陵、南部は安房丘陵と呼ばれますが、森林もキノコも概ねこれに対応しています。  

 中南部は、高々標高400m程度の丘陵ですが、昨年11月に遭難騒ぎがあったように、急峻な山岳地形を呈し、森林も下層のシイ・タブ、中層のモミ・カシ、上層のツガ・ヒメコマツの植生の垂直分布が認められ、これを、沼田眞氏が垂直分布の寸詰まり現象を称しました。


房総丘陵に生える
バカマツタケ

    

 房総のオオモミタケは、縦横40cmにも達し最大級のものです。

また、年平均降水量1,800mmの等雨量線(梶・小平線)を境に、スダジイ−ヤブコウジ群集とスダジイイ−ホソバカナワラビ群集の植物社会学的区分が可能であるとされています。

 細かくは、台地の谷津の上流や南部の地すべり地帯にはハンノキなどの湿地の樹木が見られ、江戸川べりには、上流に起源があると思われるオニグルミの林を見かけます。

 富津の愛宕山で傘の直径70cmの謎のキノコを林道の測量をしていた市の職員が見つけたことがあります。

 八千代市では、重さ800kgのニオウシメジの株が発見されたことがあります。

 観光地の街路樹として植えられたヤシ科の樹木には、グリーンペペ(夜光タケ)という緑色に強く光るキノコが生えます。

 千葉の森林・樹木は野生キノコにとって、きっと、多様で豊かで住み心地の良いところだと思われます。


4 おわりに


猛毒で美しいドクツルタケ
「殺しの天使」

     

 キノコも樹木も、それぞれの生育環境にふさわしい条件があれば、活力を発揮します。

 キノコに親しむことは、木や森や環境について深く理解することにつながります。

 樹木医の皆様は、卓越した環境診断能力をもって、自然に対する鋭い感性を発揮するすばらしい技術の持ち主です。千葉県樹木医会が、21世紀を人類が生きぬくための道標となる活動を広く展開されますよう、ご期待申し上げる次第です。       


樹の生命を守る会トップページへ戻る