「松くい虫」あれこれ

     
千葉県森林研究センター  松原 功


 近年、環境に対する関心が高まり、木の病気−樹病に対しても関心を持つ方が、相当多くなってきました。

 人の病気に様々のものがあるように、樹病も様々で、樹種が変わると樹病も変わります。

 今回取り上げる「松くい虫」はマツの代表的な樹病で、メカニズムが分っているのになかなか防除がうまくいかない極めて厄介な樹病なのです。

では、どうしてそうなるのか、「松くい虫」についてその概要を見て行きましょう。題して「松くい虫」あれこれ。


1 「松くい虫」のほんとうの名前

 「松くい虫」のほんとうの名前は「マツ材線虫病」。マツノザイセンチュウが病原体の樹病です。マツノザイセンチュウが病原体と分かったのは1971年。それまでは二次的に寄生するカミキリムシ類、ゾウムシ類、キクイムシ類などが原因と思われていたから、こういう名前がついたわけ。ついでに、マツノザイセンチュウ(体長約1mm)はれっきとした動物ですが、顕微鏡で見ないと見えないこともあり、樹病の1種として扱われています。


2 「松くい虫」のルーツと日本への上陸

 病原体マツノザイセンチュウのふるさとは北米大陸。世界的に分布している近似種のニセマツノザイセンチュウがこの地で突然変異を起こし出現したと言われています。そのため、かの地のマツ類はこれと共存する形質を獲得していて、「松くい虫」に強いものが多く、特にテーダマツは抵抗性マツを作出する時の対照樹種として使われています。

日本への上陸は、明治年間で、兵庫県の相生とも長崎県の佐世保とも言われています。いずれも港町。「松くい虫」が貿易船に乗ってきたなんて。でも、これはほんとうの話です。ちなみに千葉県への侵入は、1948年、君津市小糸地区です。


3 「松くい虫」被害のメカニズム

 「松くい虫」被害には2つの動物が関わります。病原体マツノザイセンチュウと媒介者マツノマダラカミキリです。この2つの動物は共生関係にあります。まず、マツノマダラカミキリが運んだマツノザイセンチュウはカミキリがマツの小枝をかじった時(後食といいます)にマツに感染して樹体内で爆発的に増殖してマツを枯らします。次に枯れたマツにマツノマダラカミキリが産卵、幼虫時代を過ごし、羽化脱出時に再びマツノザイセンチュウを体に付けて運び出し、別の生きたマツに感染させます。この繰り返しでマツ枯れが進んで行きます。すなわち1種のリングを形成するわけで、現在の防除法はこのリングのどこかを切るか、要因の一つを抜くか改善すれば被害は収まるはずという原理に基づいて実施されています。


4 「松くい虫」の伝播

 病原体マツノザイセンチュウはもちろんマツノマダラカミキリが運ぶのですが、それを人間が助けていたのです。うそ−! ほんとうです。人間がマツノマダラカミキリの寄生している被害丸太をそうとは知らず、利用するために運んでいたのです。千葉県では1972年から1980年までマツノザイセンチュウの分布域の拡大状況を調査しましたが、自然に拡大するのは2〜3km/年で、被害丸太の持ち込みによる被害の拡大は十数km〜数十kmにまで及びました。この結果、1971年以前には県南でしか見られなかった「松くい虫」被害が、1980年には県下全域で見られるようになりました。


5 「松くい虫」が激症になる原因

 樹病は一般的に「激症になるが木全体から見れば部分的」か、「徐々に病状が進行して行き枯死に向かうか」するものが多く、感染後数週間から数ヶ月で枯死に至る「松くい虫」は大変めずらしい樹病です。これは、外来動物のマツノザイセンチュウにほとんで天敵がなく、かつ、日本のアカマツ、クロマツなどにマツノザイセンチュウに対する抵抗性がほとんどないことが最大の原因ですが、このほかにも「松くい虫」に対する知識の不足が大きな原因になっている場合もあります。〔例:松くい虫と松毛虫(マツカレハ)の防除の違いをよく理解していないことなど〕


6 「松くい虫」の診断法

 人間の病気の診断も様々な角度から見立てるように、「松くい虫」も様々な角度から見る必要があります。しかし、ここでは紙面の都合上、「松くい虫」ならではのポイントだけを紹介します。

ポイント1 枝葉の異常と後食痕の有無

「松くい虫」の相談は針葉の異常変色から始まります。もちろん例外はありますが、6月〜12月の変色は「松くい虫」の可能性が高く、逆に1月から5月の変色は「松くい虫」の可能性が低くなります。このとき後食痕の有無の確認することが特に大事です。

ポイント2 樹脂の流出が止まる

通常マツは傷をつけると沢山の樹脂(ヤニ)を出します。「松くい虫」の媒介者マツノマダラカミキリ成虫は千葉県の場合、5月下旬から8月上旬に発生し、ただちにマツの小枝を後食します。このときマツの樹体内に侵入したマツノザイセンチュウが樹体内の細胞や糸状菌を摂食して爆発的に増殖し、エピセリウム細胞(樹脂細胞)を犯すため、傷をつけても樹脂の流出がみられなくなります。これは、松くい虫判断の重要な要素になります。

 ポイント3 マツノザイセンチュウの検出

被害木の木屑を水につけるとマツノザイセンチュウは水が好きなため遊出し、水よりも少し比重が大きいため、容器の底部に沈むことになります。この原理を応用したベールマン装置で線虫を抽出し、顕微鏡で確認します。

この中では、ポイント3が最も確実で、続いてポイント2、ポイント1と行きますが、この辺の判断は専門家にしてもらうのが、無難です。


7 「松くい虫」防除対策と問題点

 現在行われている「松くい虫」の防除対策は大きく2つに分かれます。

(1)発生源対策

「くさい臭いは元から絶つ」とどこかの宣伝文句にあるとおり、発生源対策は大変重要です。これは、被害木の中からマツノザイセンチュウを身に付けて羽化脱出するマツノマダラカミキリを抑えようとする対策で、被害木に対する薬剤散布、燻蒸、破砕(チップ化)などが行われています。これらの対策は適正な時期、方法で実施し、かつ地域ぐるみで徹底して実施する必要があります。特に、「被害木も有価物である」という認識は重要で、これが時にはプラスに働き、また、時にはマイナスに働く大変厄介なファクターになっていることを十分に知っておく必要があります。

(2)予防対策

一般の場合、枯損したマツがどこにあるかはっきりしない場合が多く、また、マツノザイセンチュウが検出された木は通常助からないことが多いので、予防対策は特に重要です。

1)予防散布

毎年5月下旬になると、ヘリコプター等を使った海岸の防風保安林(クロマツ林)の松くい虫予防散布が始まります。これは、マツ枝に薬剤を散布してマツノマダラカミキリの後食を防止することが目的ですから、一定の残効期間(約2ヶ月間)を確保するため通常の殺虫剤の濃度より濃いものを散布するのが普通です。これは庭園のマツでも同様です。5月にマツカレハの防除を兼ねて殺虫剤をかけて消毒したのに枯れてしまったという相談がよくありますが、薬剤の選択と濃度差、散布時期、散布回数の知識が足りないために起こったと考えられます。農薬を散布する場合は能書をきちんと読んで使用することと毎年きちんと実行することが重要です。

2)樹幹注入剤

予防散布とは異なって、直接マツノザイセンチュウを抑制する方法で、殺虫剤や駆虫剤が原体として使われています。樹液の流動に乗せる形で樹体内の隅々まで薬液を届けるには4〜5か月かかるため、冬〜初春に施用し、長いものでは4年間くらい効果が持続します。しかし、注入孔付近の細胞が一定の体積で壊死するため、繰り返し使うことには抵抗があるのも事実です。

3)マツノザイセンチュウ抵抗性マツ

平成10年クロマツ、平成15年アカマツと千葉県では、抵抗性マツの供給体制を整えました。これは西日本で抵抗性マツと認定されたマツを母樹として掛け合わせたもので、苗木の頒布は千葉県山林種苗緑化木協同組合で取り扱っています。ただし、抵抗性マツといっても絶対的抵抗性を示すものではなく、どうしても一定の率で枯損するものは出ます。


8 まとめ

 限られた紙面ではありましたが、松くい虫についてあれこれお話しました。松くい虫問題の要諦は、外来のはげしい疫病であり、ひとつひとつの技術に完璧なものがないため、総合的、計画的にかつ根気よく対処することにあります。松くい虫防除については各地域の専門家にぜひご相談されることをお勧めします。


樹の生命を守る会トップページへ戻る