房総のヒメコマツ物語(2)

 
    千葉県生物学会会員
樹木医 藤平 量郎

 マツの仲間はどこで、何時現れたのだろう?順序として植物の分布の話をさせて頂きたい。

原始的な被子植物と云われるものの分布を見るとモクレンやシキミのような北半球型とシキミモドキのような南半球型の隔離分布がある。

隔離分布とは南半球の地図を見ればすぐ判るが、マダガスカルとオーストラリア・ニュージーランド、南アメリカのチリ等それぞれ大洋を隔てて遠く分かれて分布していることで、シキミモドキ科はそれである。この事は19世紀から20世紀前半には、大変不思議であった(南北であれば鳥の渡りがあり説明が出来ない事はないが、東西の大洋を隔ててであるので)が、今はゴンドワナ大陸の存在を考えれば大陸移動で簡単に説明がつく。

ヒメコマツ採穂作業
ヒメコマツ採穂作業

一方被子植物より一時代古く優勢になった裸子植物ではナンヨウスギ科、スギ科、ヒノキ科は両半球で進化して来たが、マツ科はモクレンと同様代表的な北半球型分布で、このことより前者に比べてより新しい(後述)と推定される。そしてこちらは当然北の中世時代のローラシア大陸起源となる。その通りであるが、北半球に分布する植物群には、アーサ・グレイの「北米東部とアジアにまたがる植物分布論」(1858)がある。  

グレイはシーボルトの日本植物誌と、日本開港のペルー提督に同行したモローとウィリアムの標本から日本と北米東部の40属の植物が共通である事に気づき、この事実と北半球の地質変遷史を結びつけて、新生代第三紀が温暖で北極圏に近い地域までもが、現在の温帯に見られる典型的な落葉広葉樹林(夏緑林)に被われていたと言う仮説を立てた。そしてその植物群が第四紀の寒冷期になると共に南下して、現在の隔離の姿となった。この考で、例えばブナが北米東部、東アジア、ヨーロッパと隔離分布している事は無理なく説明できる。そしてこの事から、これらの夏緑林の植物群(ミズナラ、トチ、クルミ、ニレ、イタヤカエデ、ブナ及びその林の構成種)を第三紀周極植物群(周極要素或いは周北要素)と称するようになった。 

中生代の世界略図

その後アラスカやグリーンランドで発見された化石は夏緑林の分布を証明している。特に1986年、北緯80度のカナダアクセルハイバーグ島で発見されたメタセコイア化石林は新生第三紀始新世中期(4500万年前)のもので熱帯多雨林に近い森林蓄積量を持っていたという。すなわち当時の北極圏はアーサ・グレイが推定したように暖かく、色々な植物群が生育し、進化していたのであろう。

マツ科も同様であった。マツ科は裸子植物の中では最大の科で11属約220種があるとされる。その分布域はユーラシア大陸からアメリカ大陸のほぼ全域に及び、隔離分布をしているスギ科、マキ科(この二つの科はジュラ紀の2億1200万年より1億4300万年前に化石産出)にたいして隔離分布しないので、進化の上で比較的新しいグループ(化石は白亜紀後期9600万年〜6500万年前から)と言える。

その針葉の形態から乾燥、貧栄養の場に適応し進化したと言われる(西田治文)が、乾燥状態は寒さと関連し、風は蒸発を促し乾燥を促進する。周北の地の、乾燥し易く貧栄養の尾根の環境に、外生菌根菌との共生能を獲得して適応し、更に共進化して北半球の針葉樹として優勢になった(吹春俊光)のであろう。


樹の生命を守る会トップページへ戻る