木と森と野鳥たち

     
千葉県野鳥の会会長 富谷 健三

1.冬の森の中で

樹々の間を抜ける風も北寄りの冷たい風に変わり、コナラやケヤキの枯れ葉がかさこそと舞う冬の森の中、ぽっと射し込んだ日ざしに暖をとっていると、どこからともなく小鳥達の声が近づいてきます。彼らの邪魔をしないようにじっとしていると、数十羽のエナガの群れにシジュウカラやメジロが一緒に姿を見せ、一心に餌を漁っています。時にはウグイスやコゲラ、ヤマガラ、キクイタダキなども顔を出します。

秋から翌年の春までの間、彼らは一緒になって餌を探し、行動を共にしています。

 彼らは一見同じ場所にいるように見えますが、それぞれ好みの餌を求めているので、餌を探す場所もまちまちです。したがって姿が見られる場所も微妙に違っています。シジュウカラやメジロは一枚一枚丁寧に葉の裏を探し、時には幹や枝の樹皮の割れ目なども探しています。エナガは枝先にぶら下がるようにして探しています。同じ枝先でも、キクイタダキは針葉樹、それも空が見えるような梢に近い枝先にしか姿を見せません。ウグイスは背の低い茂みを潜るように移動していきます。

地上では、シロハラやアカハラが、くちばしや脚指で落ち葉を掻き起こしながら餌を探しています。同じ森の中でも自分の生活に合った樹木や場所を選んでいるのです。

森に続く冬枯れした谷津田では、ツグミやモズ、タヒバリなどが餌探しをし、その上をカケスが二羽三羽、紙切れが風で舞うようにひらひらと飛んでいきます。


2.野鳥は空を飛ぶために

どうしてあんな体をしていて軽々と自由に飛ぶことができるのでしょうか。

実は、野鳥の体重は意外と軽いのです。重そうに見えるハシブトガラスでも約500g、キジバトは約250g、カケスは約130g、ヒヨドリは70g、スズメは24g、シジュウカラ16g、メジロ10g、エナガはなんと7gしかありません。さらに日本で最も小さいキクイタダキは4g、1円玉4個分しかないのです。

空を飛べる彼らは、翼を動かすための強力で重い筋肉を備えている代わりに、体を軽くするため、骨が中空で特殊な構造をしています。重たい歯もなくしてしまった代わりに、餌もカロリーが高く、消化の良いものを食べ、いつまでも体内に残しておかないように、前胃(腺胃)と筋胃(砂嚢、いわゆる砂肝)という鳥特有の消化器を備えています。動物質食や果肉食の鳥の多くは筋胃すら小さくしています。そして、起きている時間の約80%は採餌行動をしているとの報告もあるほどで、体温を維持するためや飛ぶためのエネルギーを常に蓄えておく必要から、休むことなく一日中餌を漁っています。


3.野鳥は害虫や害獣から森を守る

 小さい動物質の餌としては昆虫があり、その幼虫は森林害虫となるものがほとんどです。


来春のため巣穴を捜すシジュウカラ(♂)
   

 では、一年間に一羽の野鳥がどのくらいの幼虫を食べるのでしょうか。

 由井正敏氏の報告では、森林の有益鳥の代表とされるシジュウカラについて、体重16gのシジュウカラが1日に必要とするカロリー量から摂食量を換算すると4.2乾燥g、1年間では1,533乾燥gを摂食するとしています。これを体長2cm体幅3mm体重18mgの幼虫に換算すると、1年間の幼虫摂食頭数は84,167頭になるとしています。同じように、体重104gのカッコ

ウの幼虫摂食頭数は、体長3cm体幅4mmの毛虫に換算すると約9万頭になるとしています。

マツノマダラカミキリ幼虫を補食するアカゲラ、ノネズミやノウサギを補食するフクロウなど、森林に棲む野鳥の多くは動物食で、実際には、一年中同じ餌を採ってるのではなく、その時々で餌を選んでいるのですが、自分が生きていくためやヒナを育てるためには、常に餌を採る必要があり、その結果多くの害虫や害獣が駆除され、森林が守られていくことになります。

詳しくは「森に棲む野鳥の生態学」(由井正敏著、創文刊、1988)をご覧ください。


4.野鳥は森作りの手助けをする

 野鳥は動物質の餌ばかりではなく樹の実もよく食べます。特に動物質の餌が少なくなる冬は貴重なエネルギー源になります。ちょうどそれに合わせて多くの樹の実が食べ頃になります。


センダンの実も丸飲みにするヒヨドリ
   

ご存じのように、ほとんどの樹の実は、未熟なときは葉の様な色をしていますが、熟してくると色が付き、食べ頃になると、色が濃くなったり黒くなるものがたくさんあります。色が付くことにより、野鳥が見つけ易くなり、樹の実も食べてもらい易くなると考えられています。

食べられた樹の実は、果肉や果皮は鳥の体内で消化されますが、ほとんどの種子は消化されず、ペリットとして吐き出されるか、糞として排泄され、もとの親の樹から数十mから数百m、条件が揃えば数kmも離れたところに落とされます。そして発芽し、その種に適した環境で成長したものが新たな樹となります。

詳しくは「種子散布・鳥が運ぶ種子」(上田恵介編著、築地書館刊、1999)をご覧ください。

海岸埋立地に造成された試験地で、1977年〜1978年に鳥糞採取用のマットを設置して調査をしたところ、1年間に、350.2kg/haの糞が落ちていました。その糞の中には約76kg/haの種子が含まれ、ほとんどは11月から1月にかけて落ちていました。その落下種子34種のうち9種は試験地外からのものと推察されました。

ちなみに、野鳥の糞が鶏糞と同じ程度の窒素を含んでいるとすると、1年間に1g/u、多いところで8.5g/uの窒素が野鳥によって散布されていることが推察されました。

詳しくは「90回日本林学会大会論文集、4774781979」をご覧ください。

このように、野鳥が種を運ぶことにより、新たな樹木が森の中に生育し、新しい森が作られ育てられていきます。


5.野鳥と樹と害虫は共生している

害虫が増えると樹が枯れてしまいます。樹が枯れると森は崩壊します。しかし、害虫がいなくなると野鳥も棲めなくなります。樹も野鳥がいなければ広い範囲に分布を広げることができません、新しい樹が育たなければ森も崩壊します。森が崩壊すれば野鳥も棲めなくなります。野鳥が棲めなくなれば害虫が増え樹が枯れてしまい、害虫も棲めなくなります。

自然の力を利用して森を育てていくためには、できるだけ多くの野鳥が棲めるようにする必要があります。そのためには、変化に富んだ森を作り、畑や田圃、草地、小川や沼などを適度に混ぜ、モザイク状になった環境を作ることが必要になります。ヒトも含め、生物が永続的に繁栄していけるためには、生物多様性をいかに高めていくかが、重要な鍵となります。


6.千葉県の森の冬は野鳥の楽園

冬になると、高い山や北の寒い地方からいろいろな野鳥達が寒さを避け、豊富な餌を求めて移動してきます。そして、千葉県の森の冬は一年で最も野鳥達でにぎやかになる季節となります。ぜひ一度、近くの森に足を運び、彼らがどんなことをしているか、ちょっと覗いてみてください。

声をかけていただければ、野鳥の世界をご案内いたします。


樹の生命を守る会トップページへ戻る