樹の生命 No.7

事務局だより
事務局長 神尾健二
 
 会員の皆さま、いかがお過ごしですか。平成20年度も皆さまの多大なご協力のおかげで事業、研修が実施でき、誠にありがとうございました。

 先日「群れろ」という面白い本を読みました。チャドクガ幼虫は何故集団で食事をするのか? 集団でいれば鳥に見つかりやすく不利ではないのか? 答えは、100匹の幼虫が1枚の葉に1匹ずつ分散していると全て鳥に食べられてしまうが、100匹まとまっていれば1匹食べられている間に99匹が逃げられる、というもの。

 又、100匹の内には歯(?)の弱いのもいるが、1匹でも強いのがいれば葉に食いつき突破口が出来る、突破口が出来れば歯の弱いやつも葉を食える、とも書かれていました。我々樹木医もNPOをつくり群れているわけですが、歯の強い人に頼るのでなく、皆が強い歯を持ちたいものだと思います。

 平成20年度から事務局を担当し始めたばかりで不慣れな点もありますが、今後とも皆さまのご協力をよろしく御願いします。

樹の生命を守る会トップページへ戻る