樹の生命 No.7

委員会だより
技術委員会報告
委員長 大木一男

 平成20年6月に5名で発足しましたが、充分な活動ができませんでした。申し訳ありませんでした。平成21 年度は委員会として会員各位のご期待に応えるよう活動しますので、樹勢回復事業含めて皆様のご指導ご協力をお願いいたします。
 
 今回は府馬の大くすについて報告します。平成15・16年度の樹勢回復工事の後引き続き追跡調査を行っています。当時は山田町でありましたが現在は町村合併により香取市に管理が引き継がれています。
 
 毎年山田ふれあい祭りに参加し、樹木の健康相談、樹木医の活動のパネル展示、そして大くすに使った牛ふん堆肥と草炭の混合堆肥の配布を行っています。
 
 混合堆肥は人気があり、配布時間前に行列ができるほどです。昨年は堆肥のお礼として収穫した柿をいただきました。徐々に活動が浸透しているのかなと感じます。
 
 大くすの近況ですが、記帳所が新しくなり、隣接地も公園になり、駐車場も整備され、地域の宝物として保存していくのだという姿勢が感じられます。
 
 子ぐすのベッコウダケの処置や空洞を処置した杉テープの補修等を行いましたが、毎年行っている樹木調査や土壌調査を見る限りは着実に生長しています。平成19年度の報告書には隣接木の被圧の処置等を入れました。
 
 今後研修で、杉テープで処置した幹の状況を調査したいと考えています。そのときには皆様と研修をしたいと思います。
 

樹の生命を守る会トップページへ戻る