樹の生命 No.7

委員会だより
企画・事業委員会
委員長 有田和實

 平成20年度の委員会活動は、技術委員会と共同で行った研修事業を中心に活動をしました。

1.秋季研修旅行
平成20年11月30日(日)〜12月1日(月)
 山梨県にて、山梨県樹木医会の協力を得て巨樹古木の保護育成と樹勢回復対策について研修を行った。参加者12名。

2.樹木診断研修会
平成21年1月17日(土)
 千葉市コミュニティーセンターで座学の後、東金自動車道野呂パーキングエリアで診断実習を行った。参加者20名。

3.街路樹診断実習
平成21年2月11日(水)
 習志野市東習志野地区でクロマツの樹勢診断実習と、樹勢回復作業並びに不健全樹木撤去作業を行った。参加会員は15名。
 

(習志野市名木100選マツ並木)

 
 習志野市からの委託で、12月に樹勢診断を行った結果を受けて、道路安全管理のために不健全樹木の植え替え(撤去作業と若木植栽)を実施した。不健全と判定された樹木の伐採と不健全箇所の解体を行い、腐朽・不健全箇所の検証を行った。特に、クロマツこぶ病の罹病部を解体して内部を観察した。
 

(レジストグラフでの調査)
 
4.街路樹点検業務受託
平成21年2月1日(日)〜3月31日(火)
 浦安市から市道街路樹サクラの点検業務を受託し、会員の協力を得て533本を点検した。点検結果から、引き続き21 年度へ向けて樹勢診断調査の受注に努力している。
5.平成21年度活動計画
平成21年3月14日(土)
 平成21年度企画・事業委員会活動計画案策定した。事務局、技術委員会等とも連携をとり、総会運営や技術研修・営業活動推進等を織り込んだ。

樹の生命を守る会トップページへ戻る