手賀沼公園ポプラ健全度調査業務
   
   
 手賀沼の景観を形成している手賀沼公園のポプラは、1987年に19本ありましたが、台風などによる倒木で現在では7本になっています。

 そこで、我孫子市は、NPO法人樹の生命を守る会にポプラの健全度調査を依頼しました。

 樹の生命を守る会は、市民に開放されている手賀沼公園の安全性や景観を考慮しながら調査を行いました。

 市民に親しまれている手賀沼のシンボル的ポプラについて、広報で市民に参加を呼びかけ、現地説明会及び意見交換会を開催しました。

 ポプラの地下部、地上部についての健全度を総合診断し市民に説明しました。

手賀沼公園のポプラ 樹木調査
(レジストグラフ)
樹に垂直に
細いドリルを入れる
ドリル穴から樹液
すぐ止まり問題はない

樹の生命を守る会トップページへ戻る