巨樹・古木ふれあい環境調査整備事業

巨樹・古木ふれあい環境調査整備事業では、千葉県内の樹木・森の状況を調査し、遺伝子保存や衰退樹木の治療も行いました。

○状況調査と計測作業

状況調査
樹木名等を調べました

計測作業
根元回りの大きさを測りました

計測作業

ひとやすみ
作業が終わりひとやすみ

○遺伝子保存
 巨樹・古木の遺伝子を残すために挿し木、接木を行いました。


接木の講習

  


植え付け
接木したものを植え付けしています。

接木1年後
露地に植えつけて1年後
ずいぶん大きくなりました

○治療
 樹勢の弱った樹木の治療を、地域の方々の協力を得て行いました。


腐朽部の処置
腐朽箇所に防腐剤を塗っています。 

根接木
弱った根に若木の根を接木して、
樹勢回復を行っています。

立入り防護柵とワラマルチング
人が根元も踏まないように柵をして、
根の保護のためにワラで覆いました。

  

通気管埋設
孟宗竹を使って
根を元気にする治療を行いました

表示
治療内容が分かるように表示しました。

立入り防護柵設置
根元回りに人が入り、根を傷めないように柵を設けました。

樹の生命を守る会トップページへ戻る